息子に進められて電子書籍化された小説を読んだ上司

上司の大学生になる子供は、電子書籍化された参考書をいつも読んでいるといいます。
上司は最初、私のように電子書籍化された書物なんて読む気がしないと考えていてようですが、上司の大学生になる息子さんが電子書籍化された参考書を読んで成績を上げたことを知り、電子書籍化された書物に興味を持ち出したといいます。
そして上司の大学生の息子さんは、上司に電子書籍化された小説を読ませてくれたのだそうです。
上司も小説を読むことが好きで、私は上司とよく小説の話をします。
頭の固い頑固な上司ですが、小説の話になるととても饒舌で話が合うのです。
そんな上司は電子書籍化された小説をよんで、電子書籍化された書物も悪くないと感じたのだそうです。
こちらのサイトで電子書籍化のサービスに関しての知識を深めてみませんか。